HOME>アーカイブ>自分が目標とするレベルへ向けて邁進するためにもその勉強方法は明確に決めなければならない

目的をはっきりさせてスクールを選ぶこと

生徒と先生

今の時代では英語を話すチャンスはかなりありますから、そこで堂々と英語圏の外国人と会話ができる自分を想像することは英会話上達へのモチベーションとなります。旅先でもビジネスシーンで、あるいは留学生との間でも、英語を話す機会は多々あるわけです。自分の英語力の未熟さからなかなか思い切って話ができないという場合もあるでしょう。そんな不安をなくすためには、口コミでも評判の英会話スクールに通うという手段もあります。スクールを選ぶ基準は様々ですが、大切なのは英会話をマスターする目的を明確にすることです。目的がはっきりすれば、それに合ったスクールを選ぶことができます。

その英語は仕事と日常のどちらで使うのか

Do you speak English

今の時代ならばビジネスでも英語は使われますから、それに合った勉強方法が必要です。また、英語で日常会話をしたいというのであれば、それに合った勉強方法が必要でしょう。たとえば、仕事で海外の取引先との交渉やビジネスレターの作成などもしなければならない場合があります。また、日常会話で英会話を習うのであれば、日常の会話はもちろん、旅行先でも現地の人としっかりとコミュニケーションが取れるようにしなければなりません。それぞれの目的でスクールでの勉強方法は異なりますので、始めに自分の目的を決めることは大切なのです。スクール選びはビジネス英語か日常会話化を決めてから、口コミなども見て選ぶのがベストでしょう。

スクール選びは目的とレッスン内容で決める

女性

この現代には評判の英会話スクールがたくさんあり、大概、ビジネス英語と日常会話のどちらの目的にも対応したコースが用意されていますが、やはりスクールによって英会話学習メソッドの違いはあります。スクールごとの特徴を知るには、インターネットなどを利用して口コミなどを参考にすることが望ましいです。単純に英会話スクールと言っても、グループレッスンなのかマンツーマンレッスンなのかで大きく分かれるでしょう。また、スクールのスケジュールや講師の質によっても選択は変わります。あくまでも自分の目的に適したスクールを選ぶことが上達のカギとなるでしょう。